関節に痛みや違和感を覚えたときはグルコサミンでセルフケアを

Supplements for health

セルフケア

Drugs for health

高齢者に多いと言われる関節痛。痛みとまではいかないけれど、なんとなく違和感が・・・。痛みが本格化する前にセルフケアを始めましょう。関節の痛みに関するセルフケアは、グルコサミンのサプリメントを取ることも有効です。

Read More

グルコサミン

Drugs for health

グルコサミンは関節部分にある軟骨成分です。もともとは体内にあるものなのですが、加齢とともに減っていきます。グルコサミンは食品からとるのが難しいので、サプリメントでとるのが効果的です。

Read More

セルフケアを始めよう

関節の痛みの原因

Drugs for health

関節の痛みや違和感は、人によって様々な原因で起こります。また、加齢に伴って起こることが多いですが、若者でも、特にスポーツや肉体労働などで酷使すると起こることはあります。
そもそも、人間の体にある関節の数は250とも360とも言われていますが、痛みや違和感として特にご高齢の方に多く見られるのは、腰や股関節、膝関節などではないでしょうか。これらは、体を動かしたり、歩いたりする日常の基本動作で使うものであり、よく使うからこそ加齢によって軟骨がすり減ってきて痛い、と感じやすいところでもあります。
関節部分にある軟骨は、骨と骨の間のクッション材の役割を担っていますが、軟骨は使っていると、加齢によってすり減ってきて、再生しにくくなります。それで、関節がギシギシして痛い、ということになります。
そのほかにも、関節が痛む原因はあります。肥満やO脚などの体型によるもの、スポーツ障害といわれるもの、姿勢の悪さやリウマチなどの病気、出産などでホルモンのバランスが変わったことによるものも考えられています。
痛みや炎症が本格化してしまうと、お医者さんに行き、サイアク手術、なんてことにもなりますが、ちょっと違和感を覚えるようになったな、という程度であれば、ストレッチやマッサージ、市販されているグルコサミンのサプリメントなどでセルフケアは可能です。あれ、ちょっと動きがしんどいな、と思ったらすぐにセルフケアを始めましょう。関節炎は年齢とともに進行しますので、少しでも進行を遅らせるためにセルフケアをできるだけ早くから始めておくに越したことはありません。

健康でいたい

Drugs for health

いつまでも健康で長生きしたい。PPKといわれる死に方は憧れでもありますね。そのためには、歩き続けられるとよいです。グルコサミンで関節痛ともおさらば、元気に歩けると趣味の幅も広がって、交友関係も拡がります。

Read More